前向きどっとねっと
ともに前向きで豊かな日々を手に!
池袋周辺情報

池袋は公園がまちづくりの中心!「誰もが主役になれる劇場都市」って!?

公園がまちを変える!

豊島区は、「まち全体が舞台の、誰もが主役になれる劇場都市」の実現に向け、まちの価値を高めるための池袋駅周辺の4つの公園の整備を進めてきました。

南池袋公園・中池袋公園・池袋西口公園のリニューアル、造幣局跡地に新しく出来た、としまみどりの防災公園(愛称:イケ・サンパーク)の4つの公園!

そして、それらをつなぐ真っ赤な電気バス「IKEBUS」が、池袋のまち全体の回遊性を高める!

2014年に「消滅可能性都市」危惧区に東京23区で唯一該当した豊島区が、「国際アート・カルチャー都市」に生まれ変わるために目指したのは、「誰もが暮らしたいまち」!

そのために、住民の憩いの場な公園を素敵にする事は、とっても大切なんですね!

再開発で生まれた公園たちの、そんな魅力に迫ります!

https://www.city.toshima.lg.jp/toshimanow/index/park.html

南池袋公園

2016年にリニューアルオープンした、芝生とおしゃれなカフェが特徴な公園!

「都市のリビング」をコンセプト

芝生の上で寝転んだり、園内のカフェでのんびり過ごしたり、いつも子育て世代を中心として賑わってます。

園内、天然芝の広場と小山のようなすべり台やシーソー・回転遊具なんかもあり、子どもが元気に遊べ、一方で併設のカフェや桜の木の下には階段状のデッキにベンチでまったりも出来ます!

スゴイのは、活発に動けるところと、家族連れなどの間を取ったところ、落ち着けるところと、しっかりとゾーン分けされてる!

敷き物を借りる事も出来るので、まさに全域が思い思いのリビング!

カフェ RACINES FARM TO PARK(ラシーヌ ファーム トゥー パーク)

地元・南池袋に本社を置く企業が運営の、雰囲気の良いカフェレストラン!

テイクアウトして、公園内でピクニックなどでも楽しめます。

[営業時間]
平日  8:00~22:00
土日祝 9:00~22:00
[定休日]
年末年始のみ

毎月マルシェも開催

池袋駅東口から公園までの動線にあるグリーン大通りも含め、毎月マルシェも開催!

ファミリー層を中心とした地域のイベントとして定着、マルシェやワークショップなどの年一イベント「IKEBUKURO LIVING LOOP(池袋リビングループ)」を開催するまでに!

このイベントは周辺店舗や雑司ヶ谷エリアへの回遊を促すなど、地域交流の幅を広げる試みにもなっています。

 

池袋リビングループをはじめとするマルシェは、このコロナ禍で大きな影響を受けました。

主催者側は、これまでマルシェを通じて育ててきた文化を守りたいと、オンラインマルシェのサイトを作っています。

ここで生産者の息使いを感じて貰えたら嬉しいので、こちら記事もクリックしてね。

池袋リビングループオンライン!おうちマルシェでコロナ禍でも偶然の出会い「池袋リビングループ」は池袋東口の奥エリアを中心に、年一で開催される大型マルシェイベント! 今はネットショッピングで必要なものをポ...

公園基本情報

[場  所] 東京都豊島区南池袋2丁目22−1
[開園時間] 8時00分~22時00分

南池袋公園でレジャーシートはNG!芝生に優しいゴザピクニック!都会のど真ん中でピクニックができるなんて、「最高かよ!?」ですよね。 「南池袋公園」は、緑鮮やかな芝生が印象的な広場のある公園です...

中池袋公園

「ハレザ池袋」の再開発とともに、2019年に「アニメの聖地・池袋」を発信する拠点として生まれ変わった!

「国際アート・カルチャー都市」池袋の発信拠点のひとつ

囲いのない石張りのオープンスペースに、多くの人が行きかう公園。

アニメやコスプレ関連を中心としたイベントを開催。

「池袋ハロウィンコスプレフェス2019」のメーン会場として使われたり、クリスマスイルミネーションのオブジェが設置されたり。

複合施設「ハレザ池袋」に囲まれ、劇場と連携したイベントも開催していくそう。

劇場や映画館などそれら多くの文化のコミュニティーの交差点!

公園のカフェ アニメイトカフェスタンドHareza池袋

近くにはアニメグッズ専門店「アニメイト池袋本店」があり、公園のカフェの運営もしています。

スタンド形式のカフェで、人気アニメとコラボしたフードやドリンクを販売。

また、園内には天然石のベンチが点在、小休止出来ます。

[営業時間]
11:00~21:00

※客席・イートインスペース等はなし(公園内ベンチあり)
※ラストオーダー
通常営業時…営業終了時間30分前
抽選予約時…各回の退店時間までに入店受付をすれば可

[定休日]
ごめんなさい確認出来てません!

公園を都市型施設が取り囲む

ハレザタワー・ブリリアホール・としま区民センター・キュープラザ・WACCAなどが立ち並び、二つのシネコン・劇場・公開スタジオなどなど、文化発信力がハンパない!

中でも地味にスゴイのはとしま区民センターで、着替えまでも出来るワンフロアまるまるのトイレや、「パパママ☆すぽっと」では木の温もりを感じるスペースで小さい子どもを屋内で遊ばせることが出来ます。

コスプレをする人や子育て世代に優しいつくりになっています。

公園基本情報

[場  所] 東京都豊島区東池袋1-16-1

[開園時間] 24時間オープン

中池袋公園は再開発によりリニューアル!発信力強める新アニメの聖地!「中池袋公園」は「ハレザ池袋」の再開発により、2019年11月にリニューアルオープン。 砂地の地味目の公園は、お洒落なイベントスペ...

池袋西口公園

演劇やイベント、オーケストラにも対応した野外劇場や劇場を備える劇場型公園!

円形野外劇場 グローバルリング

既存の公園に、2019年にこの野外劇場が作られ、リニューアルしました。

仮設設備も設置し易くあらゆるイベントに対応出来、大型LEDビジョンを備えサラウンドスピーカー、照明、広場中央の噴水の4つの設備をシンクロさせた演出も!

「国際アート・カルチャー都市」池袋の発信拠点として、中池袋公園と双璧を成してます!

東京芸術劇場

1990年に開館した東京芸術劇場は、コンサートホールと劇場を中心として様々な施設の入る複合文化施設で、中には椅子も多いしレストランもあるので、雨の日の休憩にもよいです。

GLOBAL RING CAFÉ(グローバルリングカフェ)

公園内にあるカフェ併設案内所。

語学堪能なのスタッフがいて、外国人観光客にも対応できます。

[営業時間]
7:00~23:30 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)

[定休日]

なし

公園基本情報

[場  所] 東京都豊島区西池袋1丁目8−26

[開園時間] 24時間オープン

池袋西口公園「グローバルリング」の魅力!豊島区「生まれ変わり」の象徴!ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」のチーマーを象徴する公園だった「池袋西口公園」。 「暗い・怖い・汚い」イメージの池袋。 そ...

愛称はIKE・SUNPARK(イケ・サンパーク)

2020年7月にプレオープン、同年12月にグランドオープン!

正式名称は「としまみどりの防災公園」

区内最大の広さの天然芝が気持ちいい空間で、災害時には防災の拠点となります。

造幣局跡地の新公園は、都市地域と木造密集地域分ける場所に位置し、災害時の避難場所としての機能や延焼遮断機能を持ちます。

カフェ Eat Good PLACE(イートグットプレイス)

「eat good」=「食が作り出す良いサイクル」という意味で、無添加・手作りにこだわった料理。

朝から夜まで一日のシーンに合わせて気軽に利用できて、外のテラスで食事したり、テイクアウトしてピクニックを楽しんだりできます。

[営業時間]
日~木    8:00~18:00
金土・祝前日 8:00~22:00
[定休日]
年末年始のみ

KOTO-PORT(コト・ポート)

「小商いや新しい挑戦を応援する」というコンセプト!

露店のような販売スペースを貸し出し、多様な飲食や物販などの事業を公園内で展開。

店舗によって営業時間は様々、ランチやお酒やディナーが楽しめるのも魅力の一つ。

飲食店はスタンド形式になり、ベンチや芝生の上に座ったりして開放感がいい!

[営業時間]・[定休日]
各店舗毎にまちまちなので、イケサンパークのツイッターなど確認してね!

としまキッズパーク

小さな子どもたちの公園です。

「障害のある子もない子も、一緒に遊べる公園」を「インクルーシブ公園」って言うらしいです。

赤いミニトレイン・ボールプール・すべり台のある複合遊具、三輪車の広場などなどなど。

小さい子どもたちが遊び学び、他者との相互理解し合える場なんです。

  • 入場料金は無料・予約必須です。
  • 開園時間 10:00~16:00
  • 小学校低学年まで

ファーマーズマーケット

コロナ禍で現在うまい事進んではいませんが、生産者側を利用者側を結ぶイベントを開催していくそうです。

園内のカフェやコト・ポートのお店でも、このファーマーズマーケットの食材などを、積極的に扱っていきたいとしています。

安心して定期開催出来るようになりますように・・・。

公園基本情報

[住  所] 東京都豊島区東池袋4丁目 42 番

[開園時間] 5:00~22:00(公園管理事務所8:00~17:00)

イケサンパークにカフェがオープン!未完の公園が遂に完成!東池袋のサンシャインシティのさらに奥、造幣局の跡地。 2020年7月にプレオープンしていた公園「イケサンパーク」。 2020...

低速バス「IKEBUS(イケバス)」

今回紹介した公園たちと池袋の主要スポットを繋ぐ「IKEBUS(イケバス)」が運行しています。

池袋駅東側と西側も含む運行ルート、それぞれ約20分間隔・1周約小一時間程度。

池袋駅周辺からハレザ池袋やサンシャインシティなどを巡るバスです。

正直なところ、すっごくゆっくりグルグル巡るので、地元民の足というよりは観光に特化してます。

それでも可愛らしい車体だったり、赤いバスの中に時々現れる黄色いバスを見かけると、ちょっと嬉しくなります(笑)。


(資料:WILLER株式会社ホームページより)
イケバス詳細はこちら

 

この地図からもわかる通り、公園たちとイケバスによって、池袋周辺の回遊性を高めたいという豊島区の意志みたいなものを感じますね。

それと、イケバスの「イケちゃん」もよろしくね! ↓

「池袋は公園がまちづくりの中心!」のまとめ

公園がまちを変える!

豊島区が「国際アート・カルチャー都市」に生まれ変わるために目指したのは、「誰もが暮らしたいまち」!

今回、「まち全体が舞台の、誰もが主役になれる劇場都市」の実現に向け整備された、まちの価値を高める池袋駅周辺の4つの公園のについて紹介しました。

そして、それらをつなぐ真っ赤な電気バス「IKEBUS」が走っています。

いろいろ問題はありますが、間違いなく現在の人口は右肩上がりだし、まだまだ進化しようとしているので、池袋はこれからも楽しみです!

 

ご覧頂き、ありがとうございます。

ABOUT ME
前向きのススメ
豊島区在住。着物歴3年。 普段着着物のサイトも運営しています。 着物初心者に向けて普段着着物の良さを発信! 着物インスタもお願いします! @fudanngikimono:普段着着物