前向きどっとねっと
ともに前向きで豊かな日々を手に!
池袋周辺情報

中池袋公園は再開発によりリニューアル!発信力強める新アニメの聖地!

「中池袋公園」は「ハレザ池袋」の再開発により、2019年11月にリニューアルオープン。

砂地の地味目の公園は、お洒落なイベントスペースになり、取り囲むように新しい商業施設が生まれました。

昔ながらのアニメファンによるグッズ交換文化も復活したり、コスプレイベントも。

劇場や映画などそれら多くの文化のコミュニティーと交差、「中池袋公園」はにわかに発信力を強める!

2020年7月の「ハレザタワー」開業で一連の再開発は完了し、この新アニメの聖地はさらに輝きを増します!

というワケで、そんな「中池袋公園」をリポートします。

中池袋公園とは?

囲いがなく開けた石張りのオープンスペースにカフェスタンドがあります。

多くの人が行きかう公園。

昔の中池袋公園

ほんの数年前は、植栽に囲まれた砂地の公園でした。

園内には喫煙スペースが設置され、子どもがワイワイする場所というより、「おやじの休憩所」・・・。

休みの日は、アニメファンのグッツ交換会。

正直、活気溢れる感じより、哀愁を感じる公園でしたね。

再開発により生まれ変わった

「ハレザ池袋」は、豊島区庁舎跡地及び豊島公会堂跡地に、「ハレザタワー」・「ブリリアホール」・「としま区民センター」および「中池袋公園」を含めたエリア愛称です。

公園は「ハレザ池袋」の前庭として、平坦フラットな石張り舗装で、さまざまなイベントに対応できるオープンスペースに生まれ変わりました。

「ハレザ池袋」公式ホームページはこちら

https://hareza-ikebukuro.com/

中池袋公園はイベントスペースにも

中池袋公園はイベントスペースとしても活用!

ハレザタワーオープン時にはイケバスも乗り入れてのオープニングイベントもありました。

↓写真は2020年年末の様子。

日中ですけど、白い城が設営されてます。

窓が開いていて、可愛いオブジェと映像が見られます。

サイドは数字の書かれた小窓があり、一日一つずつ開放されていきました。

全て趣向が違って楽しい!

夜間はどのようになるかというと・・・、こんな感じ。

↑ちょっと地味目でした(笑)。

公園内では、可愛らしいオブジェに灯りが灯っていました。

控え目ですが、この仕掛けは夜のほうが、映えますね。

クリスマスが近づくにつれ、人の行列はすごかったですね。

以下、豊島区の情報の情報です。
「妖精たちが彩るクリスマスイルミネーション開催中!お城はアドベントカレンダーになっており、クリスマスに向けた祝福の風景!2020年12月26日まで」とのこと。

中池袋公園の基本情報

[場 所] 東京都豊島区東池袋1-16-1

[最寄駅] JR、東京メトロ、東武東上線、西武池袋線池袋駅

明治通りから、少し中に入ったところ。

メディアコンテンツの発信拠点

アニメイト池袋本店は目と鼻の先

日本最大級のアニメショップ「アニメイト」が目と鼻の先。

公園内には多くのアニメファンが集まりいつも賑わっています。

また、サブカルチャー関連のイベントが行われたり、ファン同士の交流の場になっています。

アニメカフェ

公園内に併設された「アニメイトカフェスタンドHareza池袋」は、ドリンクメニューを中心としたスタンド形式のカフェです。

園内で気軽にアニメなどのコラボメニューを楽しめます。

また、園内には天然石のベンチが点在しており、ドリンクを片手に一息つけることができます。

新アニメの聖地

これまでの池袋のサブカルチャースポットといえば「乙女ロード」です。

「乙女ロード」とは、サンシャイン60の西側の通りと、その周辺を指すエリアのこと。

周辺には、アニメグッズや同人誌を取り扱うショップが多く点在し、「オタク女子の聖地」。

中池袋公園のリニューアルオープンにより、その広がりは更に大きくなっています。

新たな聖地は発信力の礎となってます。

中池袋公園を取り囲む施設

ハレザタワー

TOHOシネマズ・店舗・オフィスが入っています。

近くに出来た「キュープラザ」に続いてのシネコンで、スクリーンが増えました。

↑因みにこちらは2019年年末のハレザタワーです(サンシャインシティ裏手から撮影)。

ブリリアホール

大きな劇場・ライブ会場・オープンスタジオ「ハレスタ」。

そして、外から見える大きな赤い階段もイベントスペース!

としま区民センター

会議室や多目的スペース、カフェなども併設。

注目は2~3階の「大規模パブリックトイレ」!

なんと女性トイレは35ブース!

パウダールームやフィッティングルームまであり、コスプレイヤーに優しい。

池袋駅の西武線構内のトイレは有名ですよね?

再開発とは関係ないけれど、WACCA(ワッカ)

公園の池袋駅よりには、再開発より前に建てられた「WACCA」があります。

3階には「ユザワヤ」が入っていて、衣装生地など揃い、ここもコスプレイヤーに優しい。

1階の階段では、段差を利用してのベンチがあり、休憩スペースになってます。

というワケで、イベント参加者にとってもいい環境になっています。

キュープラザ

店舗・ゲームセンター、「グランドシネマサンシャイン」。

こちらもシネコン!

というワケで・・・、

2020年には池袋駅周辺でスクリーン数が増加し、これはたった2年で2倍以上!

劇場やホール、スタジオも増えることで「国際アート・カルチャー都市」池袋を印象付けることに!

「中池袋公園は再開発によりリニューアル!」のまとめ

「中池袋公園」は「ハレザ池袋」の再開発により、2019年11月にリニューアルオープン。

砂地の地味目の公園は、お洒落なイベントスペースになり、取り囲むように新しい商業施設が生まれました。

劇場や映画間などそれら多くの文化のコミュニティーの交差点となった「中池袋公園」は、「国際アート・カルチャー都市」池袋の発信拠点です。

昔は「オタク文化」というと、なんとも内向きで暗いイメージだったように思います。

でも今は、全くの正反対に外向きで明るいイメージにシフトしてきています。

そして豊島区の「文化発信都市」としてのアニメ文化への力の入れようはすごいですね。

新アニメの聖地「中池袋公園」は、これからも大注目です。

 

池袋の公園たちは楽しい!

よかったら、こちらの記事もどうぞ。

池袋は公園がまちづくりの中心!「誰もが主役になれる劇場都市」って!?公園がまちを変える! 豊島区は、「まち全体が舞台の、誰もが主役になれる劇場都市」の実現に向け、まちの価値を高めるための池袋駅周辺の...

 

ご覧頂き、ありがとうございます。

ABOUT ME
前向きのススメ
豊島区在住。着物歴3年。 普段着着物のサイトも運営しています。 着物初心者に向けて普段着着物の良さを発信! 着物インスタもお願いします! @fudanngikimono:普段着着物