前向きどっとねっと
ともに前向きで豊かな日々を手に!
池袋周辺情報

池袋にバインミーのあるカフェスタンド!日本とベトナムを繋ぐ架け橋!

池袋にバインミーのあるカフェスタンドが!

サンシャインシティ裏手、イケ・サンパーク内にあります。

 

「Cafe Bamboo(カフェ・バンブー)」

 

バインミー(ベトナムサンドイッチ)とベトナムコーヒーのお店。

「日本とベトナムを繋ぐ架け橋!」になりたいと、日々挑戦。

日本人の好みに合わせて工夫しつつ、ベトナムの魅力を伝えてくれています。

正直、僕は今回初めて食べました。

公園の天然芝の上、ピクニックを楽しみながら食べるバインミーは最強でした!

「Cafe Bamboo(カフェ・バンブー)」がおススメ!

サンシャインシティの裏手、東池袋の公園「イケ・サンパーク」内にあるスタンドタイプのカフェで、バインミーとベトナムコーヒーのお店。

スタンドタイプのカフェ

ベトナムの提携農園から直接仕入れた豆を使用したベトナムコーヒーと、現地のサクサク感のある味を再現したバインミーを提供。

スタンドタイプになるためイートインはありません。

そのかわり、公園の芝生の上で敷き物を敷いて食べたり、ベンチに腰掛けて食べたり、ピクニック気分を味わうのも楽しいです。

バインミーって美味しい!

パクチーも入っているのでどうかなーっと、僕も初めて食べました!

コーヒーと並ぶ看板メニューのバインミーには、公園内で週末に開催される「ファーマーズマーケット」の野菜も食材として使用しているそう。


こちら「サバのバインミー」です。
サクサクのパンが香ばしい!
サバの旨味に酸味のきいた千切り野菜がいいアクセント。
パクチーは程よく入っていて、いい感じ。

何?バインミーって美味しい!
半分に切ってくれていて食べやすいし、シェアするのもいいなぁ。

写真は、2021年4月18日までのイベント中で、無料でパクチー増量してます。

パクチー苦手だったのだけれど、バインミーにハマってからというもの、好きになってしまった・・・。

「しばふちゃん応援メニュー」で、缶バッチをプレゼントして貰っちゃった!

アクセス他

[住  所] 〒170-0013 東京都豊島区東池袋4丁目42−1

[営業時間] 10時00分~18時00分

「Cafe Bamboo(カフェ・バンブー)」のコンセプト!

日本文化との融合

「伝統的なベトナム料理を再現するだけでなく、日本文化との融合、例えば日本のダシで食べるフォー、あんこを挟んだバインミー・・・など、常に新しい料理を開発提供していきたい」と言う。

イケ・サンパークのある池袋は、ベトナム国内でも有名で多くのベトナム人が暮らしています。

そんな場所だからこそ、「ベトナムと日本のカルチャーが混じり合い、広く知られるきっかけとして、今回の出店を決意しました」と言います。

日本とベトナムをつなぐ架け橋

カフェ・バンブーから、東池袋に住むベトナム人のコミュニティが広がって、日本の文化と混じり合っていく、そんな光景が近い将来生まれてほしい」ともいいます。

フェアトレードへの願い

ベトナムはコーヒーの一大産地ですが、国内でも徐々にコーヒーが飲まれるようになってくると同時に世界的にも消費量が増えていきました。

そのコーヒー豆は各国に買い叩かれ安値で取引されていました。

カフェ・バンブーの仕入先であるコーヒー農園は、そんな状況を変えるため正しい評価してくれる相手と取引するため栽培方法や品種を見直し、ベトナムコーヒーとしての新しい価値提供を目指しています。

詳しくは、株式会社Bamboo Japan公式サイトへ

http://cafebamboo.mystrikingly.com

僕も初めて、バインミーとは?

最近、バインミー専門店が出来てきて徐々に認知度が高まっていますね。

調べてみた!

バインミーはベトナムのパン

過去にフランスに統治されていたベトナム。

当時フランス人がベトナムでパン作りしたのが始まり。

ベトナムは小麦粉よりも米粉のほうが入手しやすかったので、小麦粉にパン粉を混ぜて焼いたそう。

というワケで、バインミーはどことなくフランスパンに似ているんですね。

ベトナムのサンドイッチ

なので、バインミーはもともとパンを意味する言葉。

そのパンに、レバーペーストを塗ったり、肉や魚・野菜・卵などを挟んで食べるようになったサンドイッチなんですが、日本ではほぼ同義になったようです。

知らなかった、ベトナムコヒーとは?

ベトナムコーヒーの特徴は、その歴史に関連するそう。

フランス人がコーヒーの栽培をし始めた

ベトナムが植民地だった頃、フランス人がベトナムの気候に適していたロブスター種という品種のコーヒー豆を栽培し始めました。

が、そのコーヒーは苦味が強くてバニラのような香りのするのが特徴で、甘党のベトナム人の口には合わず、練乳で甘くする飲み方が生まれたのだとか。

ベトナムコーヒーの楽しみ方

もともとフレッシュジュースにも練乳を入れて飲む文化があり、それを転用したのがベトナムコーヒーの原型と言われています。

異国と自国の文化が混じり、独自のコーヒーの新しい文化が生まれたんですね。

ブラックでは苦味が強いけれど、その苦味が練乳を入れたりカフェオレにしたりするのに最適。

そして、日本ではベトナムコーヒーの楽しみ方をあまり知られていないですし、僕もその一人。

バインミーとベトナムコーヒー

バインミーは、ベトナム国内ではファーストフードです。

その中で、バインミーとベトナムコーヒーのセットは非常にポピュラーです。

それがバインミーとして日本に伝わりました。

ちょっとだけ「イケ・サンパーク」とは?

イケサンパークは愛称で、正式には「としまみどりの防災公園」といいます。

「いつも、もしも、どんなときも!区民に寄り添う憩いの場」

広大な芝生広場、季節を彩るサクラやイチョウ、ヘリポートなどの本格的な防災設備を備えた、豊島区内最大面積の公園。

いつも便利でもしもに役立つ「フェーズフリー」という考え方の防災公園です。

「KOTO-PORT(コト・ポート)」とは?

イケ・サンパークの公園内で「小商いや新しい挑戦を応援する」というコンセプトで、露店のような販売ペースを貸し出し、多様な飲食や物販などの事業を展開。

カフェ・バンブーはこちらに属し、現在4店舗。

店舗によって営業時間は様々、午前中から夜まで営業しており、ランチやお酒やディナーが楽しめるのも魅力の一つ。

 

イケ・サンパークの詳細記事はこちら

イケサンパークにカフェがオープン!未完の公園が遂に完成!東池袋のサンシャインシティのさらに奥、造幣局の跡地。 2020年7月にプレオープンしていた公園「イケサンパーク」。 2020...

「池袋にバインミーのあるカフェスタンド!」のまとめ

池袋サンシャインシティ裏手のイケ・サンパーク内に、バインミーとベトナムコーヒーのカフェスタンド「Cafe Bamboo(カフェ・バンブー)」があります。

バインミーを通じてベトナムの魅力を発信するとともに、ベトナムのコーヒー豆の世界的な地位向上に向けて挑戦し続けているお店です。

「日本とベトナムを繋ぐ架け橋!」になりたいと努力するお店の味は最高です。

いやいやバインミー、ハマりそう!

公園の天然芝の上、ピクニックを楽しみながらバインミーを食べてみませんか?

 

ご覧頂き、ありがとうございました。

ABOUT ME
前向きのススメ
豊島区在住。着物歴3年。 普段着着物のサイトも運営しています。 着物初心者に向けて普段着着物の良さを発信! 着物インスタもお願いします! @fudanngikimono:普段着着物